おいしくヴィーガン!お揚げえのきのバターぽんず焼き

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、日の出料理酒を製造販売されているキング醸造さまととフーディストパークさまとのコラボ広告企画で、モニターとしてプレゼントしていただいた「日の出糖質オフ・減塩野菜ぽんず」を使ったとっても簡単なおつまみをご紹介したいと思います。

今回プレゼントしていただいたぽんずは、国産の野菜を使用していて、糖質も食塩も控えめな体にやさしいのがうれしところです。
酸味もやわらかで、野菜のうまみが感じられます。
そして、動物性の原料は不使用で、ヴィーガンの方も安心して使うことができます。

今回いただいたぽんずは、動物性の原料が入っていないのにうまみがしっかりとあって、満足できるぽんずです。料理に使ってもとてもおいしくできました。

今回ご紹介するおつまみの味付けはぽんずだけです。
材料の糖質も低いので、ダイエットにもおすすめの1品です。
今回のレシピでは、バターを使用していますが、バターを使わずに仕上げることもできますので、ヴィーガンの方にも是非見ていただきたいレシピです!
これ1本で味が決まって、時間もかからず、とっても簡単です!

お揚げえのきのバターぽんず焼き

えのきだけを油揚げで巻いたものですが、このぽんずとの相性が抜群です。
基本はレンチンで、あとはフライパンで焦げ目をつけるだけなので、ササッとできちゃいます。

【材料】6個分

  • 油揚げ   3枚
  • えのきだけ 1パック(200g)
  • ぼんず   大さじ4
  • バター   10g

【作り方】

1. 油揚げは棒で全体に押すように転がしてから開き、両端を切って写真のように開く。

↓上の写真が買ってきたままの油揚げで、下のほうが押してつぶしたものです。

↓半分に切って

↓両端を切って開きます。

2. えのきだけは石づきを取り除き、細かく裂き、6等分に分けます。

3. 油揚げにえのきだけをのせてきつめに巻く(下に押し付けるようにして巻くときつめに巻けます)

4. 少し深めで平らなお皿に並べて、ぼんず大さじ2をかけ、ラップをのせて電子レンジ(600W)で2分加熱します。

5. いったんお皿をレンジから取り出し、上下を逆にして、ぼんず大さじ2をかけて、再びラップをのせて電子レンジでさらに1分半加熱します。

6. フライパンにバターを入れて中火にかけ、バターを溶かし、フライパン全体にバターをいきわたらせます。

7. 6を入れて強火にし、焦げ目がつくまで1〜2分焼きます。

焦げ目はお好みなので、好きなタイミングで仕上げてください。
私は焦げが大好きなので、普段はもっとこんがりさせてます。
バターを使わず、油も使わずにフライパンで焼くだけでも十分おいしくできますので、
ヴィーガンの方もぜひチャレンジしてみてほしい料理です。
食事にもう1品ほしいときや、簡単なおつまみにおすすめです。

また、七味唐辛子をかけたり、柚子胡椒をつけてもおいしいですよ。
このお揚げえのきに合わせたいお酒は、サワーか日本酒かなと思います。
最近よく飲んでいるレモンサワーにもよく合いました😍

今回のレシピが気に入っていただけたら、こちら↓ポチっていただけると感謝です❣

ネクストフーディスト

【「フーディストアワード2022レシピ&フォトコンテスト」参加中】

フーディストアワード2022☆レシピ&フォトコンテスト

フーディストアワード2022☆レシピ&フォトコンテスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました