暑い日におすすめのレンチンずぼらレシピ3選

毎日暑い日が続きますね。
梅雨もあっという間に明けてしまって、もう本格的な夏がやってきてしまいましたね。
私は最近はめっきりレンチン料理の日々です。
今年は光熱費もかなり上がってしまって、家計を圧迫してしまっているので、
どうにかして光熱費を抑える調理法を模索中の今日このごろ。ということで、最近はレンジを活用した節約レシピを考えています。
なので、今回はレンジでできて、時短なお料理をいくつかご紹介したいと思います。
今回のテーマは節約&ずぼらです。

まずは昨日作りたてで、かなりおいしくてとてもおすすめの料理からご紹介します。

スポンサーリンク

レンチン麻婆ズッキーニ

こちらはレンチンで作る麻婆豆腐の素を使って作ったものです。
これです。↓

amazon詳細ページへ

この麻婆豆腐の素、ほんっとにおいしいです。
というか永谷園の総菜の素ってよくできていて、完璧な味のものが多いので、私個人としては大好きです。
麻婆シリーズは春雨も含めて、ストックは欠かせません。
私はレトルトの麻婆豆腐の素などを使う際、どうしても何か味が物足りなくて、1味足してしまうのですが、これは何も足さずに超おいしい😋
おすすめです!

作り方は本当に簡単で豆腐の代わりにズッキーニをさいの目に切って袋に入れて袋を閉じてレンチンするだけ!
作り方の説明では4分加熱となっていますが、私は味しみをよくするために、いつも5分加熱します。
出来たてのズッキーニの食感と、少し時間がたってからの食感の違いも楽しいです。
時間がたつとズッキーニがトロッとしてまた、おいしいです。

続きましては、レンチン放置でできるお料理をご紹介します。

レンチンレモンキャベツ

これは、キャベツとレモンをレンジでチンしただけなのですが、
冷蔵庫で冷やして、暑い夏にはさっぱりとしておいしいですよ。
日持ちもするので、作り置きにも便利です。
メインのおかずにはなりませんが、プラス1品にちょうどいい野菜料理です。

材料

  • キャベツ 400g
  • レモン 1/2個
  • 塩 小さじ1/2

作り方

1. キャベツは食べやすい大きさに切ります。

2. レモンは5ミリ位の薄さに切って種を取り除き、12等分に切ります。

3. 耐熱容器にキャベツを入れ、カットしたレモンを全体にちらし、塩を全体にふりかけます。

4. 軽くラップをして、レンジ(600W)で5〜6分キャベツがしんなりするまで加熱します。加熱し終わって、まだのようなら様子をみながら追加加熱します。

5. よく混ぜ合わせて、粗熱が取れたら、冷蔵庫で1時間以上なじませます。

レモンの酸味とキャベツの甘さだけで楽しむこともできますが、お好みの味付けでお召し上がりください。

私のおすすめは、わさびを全体にからめてちょこっとだし醤油をかけて食べるのが、お気に入りです。

次もレンチンキャベツなのです(;’∀’)

レンチン明太マヨキャベツ

材料

  • キャベツ 300g
  • 粉末の明太パスタの素 1人前
    (たらこでもOK!)
  • マヨネーズ 適量

作り方(今回は写真撮るの忘れましたm(__)m)

  1. キャベツは食べやすい大きさに切ります。
  2. 耐熱容器にキャベツを入れ、軽くラップをして、キャベツがしんなりするまでレンジ(600W)で3~4分加熱します。加熱し終わって、まだのようなら様子をみながら追加加熱します。
  3. 粉末の明太パスタの素をふりかけて、よく混ぜます。
  4. お好みの量のマヨネーズを入れてよく混ぜます。

もし、生の明太子があればトッピングしたり混ぜ込んだりしてください。
お酒のおつまみや箸休めにちょうどいい一品です。

今回ご紹介したレンチン料理はどれもあっさりとしているので、食欲がないときでも食べられて、夏にはぴったりです。
お料理するのが面倒だなっていうときは、今回ご紹介した料理が参考になりますように。

ネクストフーディスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました