【みりん】が決め手のみんなにおいしいお肉のおかず3種

先月宝酒造様より【タカラ本みりん】のモニターとしてみりんをプレゼントしていただきました。
みりん多用の我が家としてはとても感謝です。
今回は「宝酒造×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加中ということで、みりんが決め手となるお肉のお料理のレシピをご紹介したいと思います。

肉3種

鶏肉、豚肉、牛肉のお料理3種の肉料理です。

タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ
スポンサーリンク

やわらかすぎてごめんなさい、豚肉の塩こうジンジャー焼き

生姜のピリリとほんのり甘くてやわらかいお肉、ご飯がめちゃくちゃすすみます。
長時間漬けこむと箸で切れるほどやわらかくなります。
お肉のしっかりした食感がお好みの方は漬けこみ時間も短縮できるのにうま味はギュギュギュッ。
程よい甘さがたまらなく、あっという間に完食しちゃいます。

ポーク塩麹ジンジャー
タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ

用意するもの (1人前?2枚分です)

豚ロース肉 とんかつ用 2枚
付け合わせの野菜 お好みで

☆ 漬けこみダレ
 
 おろし玉ねぎ 70g
  おろししょうが 20g
  塩麹 40g
  みりん 大さじ2

下準備

  1. 漬けこみダレの材料をすべて混ぜておきます。
  2. 豚肉の脂身の部分に数ヶ所切り込みを入れて筋きりをします。
    脂身と赤身の間に筋があるので、切らないとそってしまいます。豚肉の切りこみ
  3. 合わせ調味料を豚肉全体にぬり、ラップして30分くらい放置する。前日に仕込んだり、1時間以上焼かない場合は冷蔵庫で保存します。(長くおけばおくほどやわらかくなります。)
    豚肉漬け込み
    私はいつも買ってきたトレーの上で漬けこみます。

肉を焼きます ※油は使用しません。

  1. 焼く前に肉に付いているつけ汁をスプーンなどでなるべく落とします。(あとで使うので残しておいてください。)
  2. 豚肉に数ヶ所フォークで穴をあけます。
    ※冷蔵庫で保存していた場合は焼く30分くらい前に常温に出しておきます。
  3. 表にしたい表面を下にして中火で焼きます。
  4. 焼いている面の側面が白くなってきたら裏返し、火を少し弱めて(強めの弱火)ふたをします。
    豚肉火の通りかげん
  5. 2~3分して箸でつついてみて透明っぽい汁が出れば焼き上がりです。つついてぷにゅぷにゅしなければ大丈夫です。
  6. 肉をお皿に盛り付けておきます。
  7. フライパンにつけ汁入れ水大さじ2を加えて煮詰めます。

仕上げ

肉の上に煮詰めたつけ汁をかけて完成です。
生姜焼きの付け合わせとしてはやはりキャベツが最高に合います!
ソースとの相性も抜群です。

切れてるから簡単!食べやすい!我が家のチキンてりやき

甘いお醤油の香りとししとうの香りが食欲をそそります。
てりやきとシシトウの相性がGOOD!我が家の定番です。
鶏肉のぶつ切りを使うので、調理も楽ちんです。
おまけに油も衣も使わないので油が跳びはねてキッチンがほとんど汚れません。

テリヤキチキン
タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ

用意するもの (2人分)

鶏もも肉角切り 500g

☆ 漬けこみ調味料
  醤油   大さじ2(30cc)
  みりん 大さじ4(60cc)
  酒    大さじ2(30㏄)

☆ 付け合わせ
  ししとう 10本
  サラダ油 大さじ1

下準備

ビニール袋に鶏もも肉、醤油、みりん、酒を入れてよくもんで混ぜ、ビニール袋をしっかりと閉じて冷蔵庫で半日以上ねかせて味をよくしみ込ませる。
鶏肉漬け込み

ししとうを焼く

ししとうに爪楊枝で穴をあけ、フライパンにサラダ油をひいて弱火から中火で炒める。
あとで鶏肉を焼くのに使うので大きめのフライパンを使用してください。
ししとう焼き

鶏肉を焼く

ビニール袋の角をハサミで切ってつけ汁を捨てます。
鶏肉の袋から汁を出す
ししとうを炒めたフライパンに鶏肉を入れ中火で加熱します。袋からあけたら皮目を下にしてください。
鶏肉フライパンにあけるかわめを下に
焼いている面から半分くらい白くなってきたら裏返します。火を少し弱めてふたをして5分ほど加熱してください。
ふたをとって箸でつついてぷにぷに感がなくなっていたら火が通っています。水分がなくなってテリテリしてきたら火を止めます。

※ 鶏肉を焼いているとき、位置によって火の通り具合が違う場合は位置を変えてまんべんなく火が通るようにします。
※ ふたをして蒸し焼きにすることで中まで火が通らないという不安がなくなります。

甘辛がおいしい!奪い合い間違いなしの肉巻きビーフ

巻いて焼くだけなのにこんなにおいしい!10分もあれば完成です。
ご飯もすすむ、お酒もすすむ、みんな大好きな肉巻きビーフです。
お肉はオージービーフでもアメリカ牛でもリッチに和牛でもそれぞれ肉のおいしさが十分に堪能できる一品です。
温泉卵とからませて食べるとおいしさアップ!

ねぎまきビーフ
タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ

用意するもの (6本分)

牛うすぎり(もも肉使用)   6枚
九条ねぎ   3本くらい
※ ネギの大きさや肉の大きさに合わせてねぎの量は調節してくださいね。

☆ 合わせ調味料
  醤油   大さじ1
  みりん  大さじ3
  めんつゆ 小さじ1

☆ 付け合わせ
  サンチュ お好み(レタスやサラダ菜などでもOK)
  糸唐辛子 少々
  温泉卵 お好みですが、あったほうがダントツおすすめです。

あっという間にできちゃう簡単手順

  1. 肉の大きさにあわせてねぎを切ります。
  2. 肉にねぎを3~5本のせて巻きます。
    肉の巻き方肉巻いた様子
  3. フライパンにねぎまきビーフを並べて中火で焼きます。(ときどき転がしてまんべんに火が通るようにする。)
    ※ 巻き終わったところが下になるように置くと、巻いたものが開いたりしない
  4. 全体の表面に火が通ったら合わせ調味料を入れてからめ、たれがなくなるまで転がしながらからめます。
  5. よくからんで牛肉につやが出てきててりが出てきたら肉をフライパンから取り出します。
    ※煮詰まった合わせ調味料が残っっていたらとろみがつくまで煮詰めてあとで肉の上にかけますが、からませていると残らないことが多いです。

最後に

今回はとっておきのお肉料理を3種類ご紹介しました。
どれもご飯にも合いますし、お酒のおつまみとしても合います。
家族の誰と食べてもみんなでおいしく食べられますのでぜひ作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました