卵料理のニュースタイル、レコルトエアーオーブンで作るエッグインピーマン

今回も前回同様に「がんばる国産ピーマンプロジェクト×レシピブログ」のモニターとしてプレゼントしていただいた宮崎県産のピーマンを使った料理をご紹介します。たくさんプレゼントしていただいたので、我が家は毎日ピーマン料理を堪能しています。宮崎県産ピーマンは肉厚でボリュームがあるので、定番のチンジャオロースにするといつもより高級そうなおいしい本格チンジャオロースに仕上がりました。
今回は卵料理をご紹介したいと思います。スクランブルエッグやオムレツに混ぜて焼いてもとってもおいしくて卵との相性がとてもいいです。
ご紹介するのは見た目もかわいらしいピーマンの中に丸ごと卵のエッグ・イン・ピーマンです。

エッグ・イン・ピーマン(Egg in Bell Pepper)

朝食の一品にしてもいいですし、おつまみやオードブルとしても活躍できそうです。
また、冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもおすすめです。
一見難しそうな感じもするけど、かなり簡単です。

朝食ピーマンエッグ
ピーマンエッグ

【レシピブログさんの旬のピーマンで簡単おかずモニター参加中!】

材料(10個分)

・ピーマン 5個
・卵     5個

必要な道具等

・卵をピーマンに移す容器(紙コップなど開け口が細いもの)
・エアーオーブン、またはオーブン(ピーマンを立てて加熱するので、高さにある程度余裕があるもの)
・アルミホイル

作り方

  1. ピーマンのヘタと種を取り除き、ヘタのあった部分の穴の部分から卵を入れるのですが、その口を卵黄が入る程度の大きさまで包丁などでカットして広げます。
  2. 紙コップなどに卵を割り入れ、そーっとピーマンの中に流し込みます。
    (卵から直接入れようとすると失敗しやすくなるので、一旦容器に移してからピーマンに入れてください。)
  3. レコルトエアーオーブンのバスケットにピーマンを立てて入れるのですが、そのまま入れると立たないので、アルミホイルなどで周りを囲って倒れないようにセットしてください。オーブンの場合も同様に倒れないように工夫してください。
  4. 予熱込みでエアーオーブン(オーブンも同じ設定で大丈夫だと思います。)を150℃にセットして20分ほど加熱してください。(卵が固まっていなければ再度様子をみて加熱してください。)

ヘタの取り方はよろしければこちらをご参考ください。

ピーマンが割れないようにヘタと種をきれいに取り除く

卵の詰め方も動画でご紹介しています。卵の黄身が入らなくて苦戦しているところもノーカットでお送りしています。早回しではないので、よろしければご覧になりながら一緒に作ってみていただけるとうれしいです。
文字で説明するよりはわかりやすいかと思いますので、参考にしてみてください。

ピーマンエッグの作り方 Egg in bell pepper

おすすめの味付け

  • 塩コショウ
  • ケチャップ
  • ソース
  • 醤油
  • マヨネーズ
  • 魅惑のハリッサ
  • スイートチリマヨソース(作り方はこちら

ハリッサとスイートチリマヨソースはおつまみとして出すときにはピッタリなおすすめソースです。
この料理の魅力を下にざっとまとめてみました。

時間が経っても味が落ちない。

この料理はできたての熱々はもちろん冷めても、多少時間が経っても味が落ちません。ですから前の晩に作っておいて朝ごはんで食べたり、お弁当に入れたりするのにおすすめです。また、パーティーなどのおつまみ、オードブルにしてもおすすめです。

作るときの味付けは不要。

出来上がってからお好みの調味料で食べるので基本味付けは不要です。ですから味付けの失敗の心配は無用です。

油を使わないので低カロリー。

ピーマンの100gあたりのカロリーはたったの22kcalで、1個が30gとすると1個あたりのカロリーは7kcalほどです。卵1個60g程度で91kcalなので、1個食べても100kcalくらいと低カロリーです。また、ピーマンは低糖質なので、調味料に気を配ればダイエットにも適しています。

オーブンまかせで失敗なし!

ピーマンに卵を詰めたらあとはオーブンにおまかせ。あとは火が通るのを待つだけです。

4月9日は「よいピーマンの日」!旬のピーマンで簡単おかず

コメント

タイトルとURLをコピーしました